【働く妊活】 不妊治療退職ゼロを目指して

2011年の7月
私は仕事と治療の両立に限界を感じ、今後のステップアップを視野に入れ前職を退職するという選択をしました。

大好きであり、やりがいもあった仕事

子どもを持たない選択肢もありではないか?と考えた事もありました。
35歳ぐらいまで治療をお休みして(検査で特に原因なしだったので)その後にステップアップを考える、そんな選択肢もありなのではないか?と悩みもしました。

しかしステップアップするなら早い方が良い。
後になって、なぜ32歳のあの時にステップアップをしなかったのか?と後悔したくない

そんな思いで退職を選んだのです。

 

不妊治療と仕事の両立に悩んでいる女性は多い

 

実は周りが思っている以上に不妊治療と仕事の両立に悩んでいる女性は多いのです。

しかし、どうしてもプライベート感が強く、時にはセクハラとも取られかねない分野
当事者も周りに相談出来ない反面、会社側も中々突っ込んでは尋ねににくい分野だったりします。

 

それに気づいたのは、自分が仕事を辞めてから

2012年に「卵子の老化」が話題になり、それから少しずつ不妊治療というものが話題に上るようになり、テレビなどでも取り上げられるようになってからでした。
実は同じように悩み、同じように退職をした女性がいると知ったのです。

そして、息子を出産後不妊で悩む女性を支援したいと活動をはじめだすと、「実は私も…」なんていうお声を聴くようになりました。

みんな一人で悩んでいたのです。

実際に今年の3月に厚生労働省が発表したこんなデーターがあります。

*データーは厚生労働省の報告書を元に私自身が加工したものです。

不妊治療をきっかけに35%の人が何らかの形で仕事と治療の両立を断念しています。
また、両立を続けた65%の人のうちに87%の人が両立の難しさを感じています。

この87%の人の中からもまた、仕事と治療の両立を断念する人が出てくる可能性がゼロではありません。
というより、多分出てくる事になるでしょう。

 

しかし、不妊治療をしている女性が仕事と治療の両立に悩んでいる反面

実は67%の企業はそれらの実態を把握していないという結果が出ています。

 

なぜ企業は不妊治療を行っている従業員の実態を把握していないのか?

 

これは最初にも書きましたが、あまりにもプライベートな事なために関与しにくいというのが、大きな理由としてあがってきます。

それ以外には
・要望がない為必要ないと感じている
・他に優先事項がある
・法律で要求されていない為
・不妊治療に関する知識や認識が低いため
・過去に前例がない

などの意見があがってきています。

 

ようは当事者の声が会社側に届いていない

これが今の不妊治療を取り巻く現状なのです。

 

実際に…

7割の企業において不妊治療と仕事の両立を支援する制度や個別対応がないのが現状です。

 

人材不足の今、30代、40代の女性が退職していくのは大きな痛手となる企業も少なくありません。
また、女性自身もそこまで築いてきたキャリアを手離すことは大変惜しい。

 

不妊で悩む事がなければ「不妊治療退職」と言う言葉で悩む必要はなかったかもしれません。
産休・育休制度が整い始め、周りへの理解も浸透しはじめ、多くの女性が妊娠・出産に関係なく仕事を続けられるようになりました。
しかし、不妊で悩む女性はその制度にすら辿り着けず会社を去って行く人も少なくありません。

 

 

不妊治療退職をゼロにする為に必要なこと

 

当事者
・キャリアプランとライフプランを同時に描き、妊娠適齢期があることを知ったうえで選択していくこと
・自分自身の身体のことを知り、不妊の要因となるような不調を放置しない(身体に関心を持つ事)
・妊娠を必要以上に先延ばしにしない
・不妊治療の限界を知る(年齢が上がればあがるほど出産にたどり着く人は少ない)

会社側
・不妊治療休暇などの制度の導入
・社内カウンセラーの設置
・従業員(特に管理職)向けの健康教育
・社内への不妊に関する知識の定着

 

等が必要になってくるのではないでしょうか?

そして当事者にも、企業側の制度だけに頼らず、不妊に悩まないような健康づくりも必要であり、また妊活や不妊治療を必要以上に長期化させない知識も必要なってくるのではないかと思うのです。

 

Woman Lifestage Support では企業様向け、個人向けと妊活や不妊に関する相談や講座をご用意しています。
「不妊治療で退職を選択する女性をゼロにしたい」そんな思いにお応えし全力でサポートさせて頂きます。

 

 

企業・行政様向けへの講座開催案内


≪企業様向け≫

不妊治療と仕事の両立に悩んでいる女性をなんとかしてサポートしたい。そんな風に悩まれている企業様のお手伝いをさせて頂きます。

例)
・従業員様向け不妊治療支援制度を導入する為の基礎セミナー 2時間~
(不妊治療通院が仕事に及ぼす影響などを基本的な知識と共にお伝えします)
・不妊治療連絡カードの活用方法について 2時間~
・管理職向け 不妊治療の基礎知識と仕事と治療の両立を考える研修 単発 3回~
・社内カウンセリング、面談に同席 アドバイス等

他にも企業様のご要望に応じて講座のアレンジをさせて頂きます。
1時間 5万円〜

≪行政様向け≫
例)
・当事者向け 妊活・不妊の基礎知識講座 2時間~
・企業様向け、不妊治療連絡カードの説明会 2時間~

他にもご要望に応じて講座アレンジが可能です
1時間 3万円〜

過去開催実績
3月17日 滋賀県大津市男女共同参画センター主催 『これから妊活をはじめる人向けの基礎講』開催
img_3784

講座依頼等はこちらからお願いします。

お問い合わせフォーム 

 

妊活・不妊相談のご案内

対面でのご相談は滋賀・京都で行っております。
遠方の方はZoomでのご相談も可能です。
また、金土日で、滋賀県東近江市まで来て頂ける方に限り夜間のご相談も受けていますので気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをご確認ください
遠回りをしない 妊活・不妊治療の進め方 個別サポート

171121_白衣・2017-11-21_12-17-32

 

バナー

≪プロフィール≫

笛吹 和代

171121_隨帛聖縺輔s驥取搗縺輔s謦ョ蠖ア蛻・2017-11-21_12-39-49

関西を中心に活動し、臨床検査技師の国家資格を保有する、日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー

自身の不妊治療退職をきっかけに「働く女性の不妊治療退職ゼロ」を目指して、妊活や不妊の悩む女性の個別相談を行ったり、セミナー講師として活動したり、妊活や不妊をサービスとする専門家向けの講座も行っている。

また、働く女性向けサイトで妊活コラムも担当

2017年5月 医療職とファイナンシャルプランナーによる妊活や不妊で悩む女性を支援するプロジェクトチームを立ち上げる。2018年9月には第1回目の妊活イベント「ワタコレ」を関西で開催し100名を超える方で当日はにぎわった

≪経歴≫
1979年滋賀に産まれる
不妊治療の末2012年に男児を出産

子どもの頃から身体の仕組みに興味があり、医療系の学部に進学する。
卒業後は検査センターで様々な検査や健診に携わったのち、製薬メーカ・化粧品メーカで専門職として勤務する。28歳で結婚、29歳から妊活をスタートするものの妊娠にたどり着かず、32歳で前職を退職し、33歳で第1子を出産

その後健診現場に復帰するが、自身の経験から不妊で悩む女性の支援をしたいと事業をスタートさせる。現在は当事者支援と不妊予防を伝える事に力を入れている。

≪講座開催実績≫
2015年より自身で講座主催をする傍ら
大津市男女共同参画センター様、漢方薬局様、鍼灸師団体様 カルチャーセンター等で妊活や不妊、女性の身体に関する講座を開催

≪コラム掲載≫
奈良の子育て応援アプリ「ぱーぷるmama」にてコラム掲載
専門家によるパパママ応援サイトIKU♡LOVEにてコラム掲載
NAILIST JOBで女性向け コラム掲載
働く堅実女子のお悩みサイトsuits-womanで妊活コラムを担当

≪取材実績≫
日本成人病予防協会 妊活ページ取材

≪ラジオ出演≫
インターネットラジオ fmGIG 「マゴちゃんのツナガリっちょラジオ」出演
インターネットラジオ fmGIG 「コトリカの輝くママきっぷ 」出演

講師・取材・執筆依頼は下記からお問い合わせください
お問い合わせはこちらから