ご挨拶とプロフィール

笛吹(うすい)和代と申します。1979年生まれ・滋賀県東近江市在住・一児の母です。
2008年に結婚し、働きながら妊活・不妊治療を続けていましたが、中々子供を授かることが出来ず、2011年に仕事と治療の両立に悩み前職を不妊治療退職しました。 自身の経験をきっかけに、不妊で悩む女性をサポートしたいと2015年 事業を開始しました。現在は妊活・不妊治療に関する個別相談、コラム等の執筆、セミナーや研修講師として主に活動しています。
私は幼い頃から身体の仕組みと生命に関わる事に興味があり、医療職を目指し大学では臨床検査技師の国家資格を取得しました。 約14年間、予防医学・治療・衛生管理の分野で専門職として従事してまいりました。「不妊治療と仕事の両立で悩む女性を一人でも減らしたい」そんな思いで活動の幅を さらに広げたいと考えております。ここに事業内容をご紹介させていただきます。

略歴

2001〜・2014〜
「予防医学」の分野
検査・健診センター勤務・住民健診、企業健診
・検体検査、細胞診検査、アレルギー検査等
10種以上の検査を担当
2002〜
「治療」の分野
製薬会社勤務微生物試験をメインに、薬に関わる試験業務に従事
2005〜
「予防・健康増進」の分野
化粧品メーカー勤務・化粧品全般の品質管理
・薬事業務全般
・環境管理プロジェクト
・従業員教育を担当
2015〜
現在
個人事業主として活動

セミナー・研修講師
不妊カウンセリング
コラム執筆
・妊活や不妊治療に関する基礎講座
・妊活・不妊治療に関する個別相談
・妊活・不妊治療に関するコラム執筆
・専門家向け不妊治療講座
・女性の健康に関する講座
・健康管理講座
・感染症対策、食中毒予防講座

私が活動する理由

不妊なんて他人事。子供は望んだたら出来るだろう…としか考えていなかった結婚当初。
臨床検査技師として勤めていた検査センター時代に、男性不妊検査の担当をしていたにも関わらず私の中で「不妊」は他人事でした。どこか遠い存在、自分には関係ない…そんな風に感じていました。

私が結婚したのは2008年。実は不妊で悩むカップルはその頃から多くいたものの、だれもがこっそりと妊活や不妊治療を行っている時代でした。
それを実感したのは不妊クリニックに通院し始めてからでした。クリニックの駐車場に車が止められない、待合の椅子が座れないぐらい診療待ちの人がいっぱい…そんな不妊クリニックの現状を目の当たりにしました。

それでも「不妊」に関する認知は非常に低い時代。周りの誰にも不妊治療のことを相談できず、一人で孤独な戦いをするだけでした。そんな中、私の中で大きな問題が立ちはだかります。「不妊治療と仕事の両立」が度重なる通院とともに難しくなっていったのです。その後、私は悩んだ結果「退職」することを選びました。

この退職に関しても周りに相談する人は誰もいませんでした。
「不妊治療と仕事の両立」の方法についてアドバイスをしてくれる人も、「治療の進め方」について相談に乗ってくれる場所もない、反対にそのような相談を周りにすれば、あれこれ謂れのないことを言われる可能性だってゼロではない…まだまだそんな時代だったのです。
実際に、「そんなに焦って不妊治療をしなくても、そのうち授かるのでは?」という事を言ってくる人もいました。

年齢として32歳。そろそろ妊孕力が低下し始める年齢。でも、そのような事を理解している人は周りにはいませんでした。

「不妊治療と仕事の両立支援」を社会や企業に求めるにはまだまだ妊娠や不妊に関する知識や情報が十分に認知されてはいなかったのです。

自他共に認める「ワーカーホリック」「仕事人間」だった私にとって仕事は自分のすべてでした。
仕事のために学び続けることが楽しかった20代、30代前半。そんな私が「仕事」を失ってしまったのです。
心にぽっかりと開いた穴を埋めることは容易なことではありませんでした。
「なぜ、仕事を辞める選択をしたのか?本当にやめないとどうしようもなかったのか?」と自問自答を繰り返す日々でした。とはいえ、私自身「いつまでも悩んでいても仕方ない、過去を悔やんだったってもうあの時には戻れない」そんな思いもありました。

そのような中「不妊で悩んでいる人や、不妊治療と仕事の両立で悩んでいる人をサポートする仕組みがないのであれば、自分がそんな人たちをサポートしていけばいいのではないか?」という思いに至り、個人事業主としての活動をスタートさせました。

「私と同じように悩む人や後悔する人を一人でも減らしたい。自分が不妊治療当事者だった時に欲しかったサービスをこの手で作ろう…」これが私の原点です。

 

現在、ネットや様々な書籍では、妊活や不妊治療情報があふれかえっていますが、残念ながらその中には誤った情報も少なくありません。しかしそれらの情報を、妊活や不妊治療当事者が自分たちで判断するのは非常に難しいものです。でもその時の判断が、妊活や不妊治療を遠回りさせてしまうこともあります。そして、結果的にその後の未来までを決めてしまうことも…だからこそ、遠回りせずに妊活・不妊治療を進めるには、あふれかえる情報をどのように取捨選択するのかが非常に大切になってきます。

その為に必要なのは、先に正しい情報や知識を自分の中に備えておくことです。そのうえで様々な情報を判断していくしかありません。でもそれを一人でやっていくのはとても大変です。それは私自身が不妊治療当事者の時に強く感じたことの一つでした。

 

妊活も不妊治療も進む方向性を最後に決めるのは自分たちです。
Woman Lifestage Supportでは、その進む先を決めるための知識や情報の提供、それらの情報の整理や取捨選択をお手伝いしながら、進む方向性を決めるサポートを行っていければと考えております。

 

私が目指す未来

実現のための取り組み

○企業内で妊娠とキャリアの支援体制を作る
○企業内で不妊治療と仕事の両立支援を行う
○自身の身体や健康について、学ぶ場の提供
○妊娠や不妊について、正しく学ぶ場の提供
○個人が妊活や不妊について相談出来る場の提供
○行政主体の学べる場を増やす
○行政を通して不妊治療と仕事の両立支援の場をつくる

これまでの実績

≪取得資格≫

臨床検査技師
日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー

著書

あきらめない妊活 キャリアと不妊治療を両立させる方法

セミナー実績

講座開講80回以上・のべ受講者数800名以上
*詳しくはこちらの実績ページをご確認ください

≪依頼セミナー・カウンセリング≫

■漢方薬局様より依頼 妊活・不妊治療セミナー開催
■JEUGIA 草津イオンモール店で女性の身体に関するセミナー開催
■夏休み企画 お子様向けイベント 性と命の話 開催
■ママ向け 衛生管理講座 開催
■親子イベント出展 自由研究講座 開催
■大津市男女共同参画センター様主催 『これから妊活を始める人のための基礎知識講座 開催
■鍼灸師団体様依頼 鍼灸師向け不妊治療セミナー 開催
■お料理教室の先生向け 塩分と生活習慣病講座 開催(2018年 2019年 2020年)
■サプリメントメーカー様の妊活・不妊治療に関する電話相談を担当
■「婦人科ラボ」にて不妊相談を担当
■「婦人科ラボ」不妊治療に関するウェビナーに登壇

≪自主開催セミナー≫

■女性の月経と女性ホルモンに関する講座
■妊活・不妊治療に関する講座
■生活習慣病予防・がん予防をはじめとする「健康管理や身体の基礎知識」に関する講座
■専門家向けの勉強会(不妊や女性の身体に関して)
■健康や食に関する招致セミナー
■医療の専門家と連携したコラボ講座
■衛生管理の知識を学ぶ微生物講座

≪その他≫

■2018年大阪にて妊活イベント「ワタコレ」を主催・運営
■お料理教室のテキスト監修(健康管理に関する内容)

取材実績

≪コラム掲載≫

■働く堅実女子のお悩みサイトsuits-womanで妊活コラムを担当
■婦人科ラボにて「ふたりの妊活マニュアル」を執筆
■奈良の子育て応援アプリ「ぱーぷるmama」にてコラム掲載
■NAILIST JOBで女性向け コラム掲載

≪取材実績≫

■日本成人病予防協会 妊活ページ取材
■滋賀県フリーペーパー「Rusc」にて取材
■インターネットラジオ fmGIG 「マゴちゃんのツナガリっちょラジオ」出演
■インターネットラジオ fmGIG 「コトリカの輝くママきっぷ 」出演